So-net無料ブログ作成

朝井リョウ 高校 [ニュース]

スポンサーリンク




朝井リョウさんがついに直木賞を受賞!!






前回の第147回の直木賞でも候補に挙がっていた平成生まれの若手作家、朝井リョウ。


前作の『もういちど生まれる』も評価が高かったが、惜しくも受賞には至らなかった。





しかし、最新作の『何者』




これは、作者である朝井リョウさん自身の就職活動の体験から生まれた作品らしい。


この自身の経験から書かれた「何者」で、ついに第148回の直木賞を受賞することとなった。



2度目のノミネートでの受賞となるが、それでも平成生まれとしては初の直木賞受賞。

そして、男性作家としては史上最年少だという。







朝井リョウ


1989年生まれの23



岐阜県の県立大垣北高校を出て早稲田大学に進学


そして、早稲田大学在学中の2年生の時に出した小説小説『桐島、部活やめるってよ』がいきなりのヒット。


以後、新鋭の若手作家として数々の作品を世に送り出してきた。




大学卒業後は、当然、専業作家となるものと思われていたが、意外にも就職活動を開始


朝井リョウが就職?



そして、実際に大学卒業後の現在は営業マンとして会社に勤務しているらしい。


噂では勤務先は映画会社(それも東宝では?)とか・・・・。




毎朝5時に起きて執筆活動をしているという。



作家としては不利な環境では?とも思ってしまうが



しかし、今回の直木賞受賞作の『何者』は、筆者自身の就活の経験から生まれたもの。


結局、才能のある人はどんな環境でもどんな経験でも、それを結果に繋げることができるのだろう。




今後もサラリーマン作家としてどんな作品を世に送り出すのか?


楽しみでならない。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました